【ジャパンカップ(G1)】展望

===============
ジャパンカップ(G1)の狙い馬は
ブログランキング紹介欄に
記載されております。


最強競馬ブログランキングへ

※現在18位

===============

【 過去実績 】
当ブログの過去実績は上記リンクから確認できます。

【近週の成績】

福島11R:福島記念(G3)
1着【2】ユニコーンライオン
2着【7】サトノセシル
配当:102.0倍
払戻金:204,000円
【福島記念(G3) 配信内容】

東京11R:府中牝馬S(G2)
1着【6】イズジョーノキセキ
2着【2】ソダシ
配当:40.4倍
払戻金:161,600円
【府中牝馬S(G2) 配信内容】

東京11R:ユニコーンS(G3)
1着【5】ペイシャエス
2着【2】セキフウ
配当:231.8倍
払戻金:231,800円
【ユニコーンS(G3) 配信内容】

阪神11R:チューリップ賞(G2)
1着【6】ナミュール
2着【1】ピンハイ
配当:560.3倍
払戻金:1,126,000円
【チューリップ賞(G2) 配信内容】

【メルマガ登録者数1万人突破!】
無料メルマガ登録希望の方は下記リンクからお願い致します。

【無料メルマガ登録はコチラ】

11月27日(日)
ジャパンカップ(G1)
東京:芝2400m

――出走登録馬―――
1:シャフリヤール
2:ダノンベルーガ
3:ヴェラアズール
――人気軸候補―――
4:ヴェルトライゼンデ
5:デアリングタクト
6:ユーバーレーベン
7:ボッケリーニ
8:オネスト
9:テュネス
10:ハーツイストワール
11:テーオーロイヤル
12:カラテ
―――穴軸候補―――
13:グランドグローリー
14:ユニコーンライオン
15:ウインマリリン
16:シムカミル

※想定人気順netkeiba参照

【過去5年馬連成績】

2021年
1着(1)コントレイル
2着(3)オーソリティ
配当金:530円

2020年
1着(1)アーモンドアイ
2着(2)コントレイル
配当金:330円

2019年
1着(3)スワーヴリチャード
2着(5)カレンブーケドール
配当金:2,900円

2018年
1着(1)アーモンドアイ
2着(4)キセキ
配当金:590円

2017年
1着(5)シュヴァルグラン
2着(2)レイデオロ
配当金:1,770円

※カッコ内は単勝人気

 

2022年の東京開催を締め括る競争がジャパンカップ。今年はシャフリヤール、ダノンベルーガが人気を集めて上がり馬のヴェラアズールが3番人気候補と大混戦ムード。

2013年
1着(1)ジェンティルドンナ
2着(7)デニムアンドルビー
配当金:2,500円
払戻金:50,000円

2011年
1着(2)ブエナビスタ
2着(6)トーセンジョーダン
配当金:2,300円
払戻金:46,000円

過去2回的中しているものの近年連敗中。近年は穴軸が走るものの、人気軸違いなどでの獲り逃しが多く、的中できていませんが、今年こそは結果を残せるように分析していきたい所です。

この競争の最大のステップレースは天皇賞(秋)で過去【6-2-7-38】と最も結果を残している競争であります。そして何より強調できる材料が【牝馬有利】と言う点。

牡馬【6-7-9-125】と言う結果に対して、牝馬は【4-3-1-13】。21頭が出走して8頭が馬券に絡み、4頭が優勝しているのですから牝馬は全買いで問題ないでしょう。今年の該当馬はグランドグローリー、デアリングタクト、ユーバーレーベン。グランドグローリーは昨年の5着馬、ユーバーレーベンもドバイシーマクラシック5着馬だけに注目。それ以外の馬で注目しているのはこの馬…

※※※※※※

前走はこれから加速するタイミングで致命的な不利。度外視して良い結果と言えるでしょう。過去のパフォーマンスを見る限りこの2400mが一番この馬に合いそうですし、中間の動きも順調そのもの。前走の敗戦で人気落ち濃厚のここが絶好の狙い目です。


最強競馬ブログランキングへ

ジャパンカップ(G1)の注目穴馬は
ブログランキング紹介欄に
記載されております。
※現在18位